医者と看護師

水虫は専門医療機関で治療をする|痒みに打ち勝とう!

早めに改善をする

足

清潔が大切

皮膚に何かしらの疾患を抱えている人は、できる限り早めに皮膚科を受診するようにしましょう。皮膚科を利用することによって、どのような皮膚の疾患も改善することができます。では、そこで多くの人が悩んでいる症状にはどのような内容があるのかということについてですが、ひとつの症例として水虫が挙げられます。水虫はウィルス感染によって発生してしまう症状でもありますが、そのほかにも不清潔にしていて蒸れなどが原となり発症するケースも多くあります。主に梅雨時期などに濡れた足をそのまま放置していたら水虫になったということも多いので、決して濡れたまま放置しないようにしましょう。水虫にならないためには、常に肌の細部まで清潔な状態を保つことが必要なのです。

受診をした方が良い

もし水虫になってしまった場合は、皮膚科を受診することによって治療を行ってもらうことができます。水虫の主な治療は薬によるもので、患部に薬を塗ることによって、改善します。しかし、それには時間がかかることも把握しておきましょう。水虫はひとつできてしまうと、その周囲にいくつもできてしまうことになります。ですから、薬を塗る際はしっかり全体的に塗る必要があります。数の多さからどうしても改善までに時間はかかってしまいますが、それでも根気強く治療を続けることによって、症状はいずれ改善します。また、薬を塗る際の注意点としては、事前に肌を清潔な状態にしておくということです。家族に感染しないように水虫の治療中はタオルなどを共有しないように注意しておくことも、また大切なことです。

薬で治る

病院

市販で販売されている水虫の薬を塗っても治らない方は、医療機関から処方をしてもらった方が良いです。薬を処方してもらったあとは、しっかりとケアをして白癬菌の増殖を抑えましょう。

Read More...

処方薬の特徴

病院

爪水虫は白癬菌によって発症しますので、白癬菌の侵入を防いだ方が良いです。外用薬よりか内服抗真菌薬の方が効き目がありますので、医師に処方してもらいましょう。副作用がないか確認をしながら使用しましょう。

Read More...

爪もチェックする

足

通所の水虫は皮膚に症状が表れますが、爪水虫は症状があまりありませんので治療遅れる可能性があります。爪に異常を感じた際は水虫の可能性が高いため、定期的にチェックをしていた方が良いです。

Read More...